2014年04月08日

じくうななじかん


040408_1.JPG
 4月6日、早稲田の茶箱にて"spacetime 7 Hours"開催。

 アニメ・声優・音ゲー好きが昂じてDJを始め、SS|EXやAki-Bugを秋葉原で主催し、リアニ等でも名を馳せるspacetimeが一人で7時間ぶっ通しのDJに挑戦ということで、期待できないわけがない!
 …ということで、俺も7時間みっちり楽しんできました。

 記憶が薄れる前にざっと書いてしまおう!↓

◎声優ソング
 林原めぐみ、國府田マリ子、堀江由衣、田村ゆかり…普段のアニクラではなかなか聞けない声優ソングの数々。俺は熱烈な声優ファンというわけではなかったけれど、90年代前半に文化放送で色々聞いていた頃を思い出しなから楽しんでました。

◎おっさんホイホイの時間
 80年代〜90年代のオンパレード。小学生の頃にテレビで聴いたあの曲、俺がゲーマーからオタクに転じた頃に聞いていたあの曲、高校時代に友人宅で見たOVAのあの曲…などなど、唸らせる選曲でした。

◎音ゲータイム
 後半は音ゲーで開始。声優ソング・アニソンからガラッと空気が変わる、DDRのダンスマニア収録曲を中心にBEMANI黎明期を飾った名曲の数々。さっきまでとは明らかに違う4つ打ちキックの重い響き。音ゲーにひたすら体力と少ないお金をつぎ込んでいた頃を思い出す時間でした。

◎サイリウムの時間
 俺にとって、一番のハイライトだったのがこの「ジャンル:サイリウム」のお時間。
 突如、フロアでピンクのサイリウムが配布されて、「それらしい曲」のオンパレード。ゆかり王国民の気分を味わえるとは思わなかった。
 はっきりいって「勘違い系CDJ」のボスラッシュよりも体力を消耗したよ!(笑)

◎ラストスパート
 ラスト1時間は新旧入り乱れるアニソン三昧。
 7時間から20分ほどオーバーしたところで、ようやく「見えている終着点」である「恋愛の時空」で完走!
 
 茶箱の近くにある高校に通い、そこでオタクを学んでいた俺にとってはまたとない至福の時間でした。
 またいつか楽しめる日が来るといいな!
posted by PLAGAREC at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブイベント

2012年06月19日

Aki-Bug Rに行ってきた。

http://aki-bug.com/

 昨年9月に行われた秋葉原の屋内レイヴ「Aki-Bug」が帰ってきた!ということで今回も行ってきました。
 前回と同じく、会場はBAGUS。ダーツとビリヤードの店が1時間+αでクラブに変貌する…。

 今回も多くのアクトたちが、それぞれの個性を丸出しにして楽しませてくれた。
 印象的だったものをいくつか…↓

・ビア充しょっぱなからテンション高過ぎ。(褒め言葉)
・秋葉原にはクラブを盆踊り会場にするDJがいる、ということを知る。いい勉強になった!
・ぅぃにゃんのDJを初めてナマで見たんだけど、神だった。
・八卦商会が懐かしいナードコアを繰り出してくれた!なんとなく2000年代初頭に戻ったような感じ。
・Nackyがラップを披露!終わった直後は撤収を始めるスタッフを横目に、クラウドたちが自主的にウルトラソウル!

 アニソン、ハウス、テクノ、ハードコア、ヒップホップ、盆踊り…
 「秋葉原のクラブ=アニソン」という固定観念をかなぐり捨てるような怒涛の7時間だった!
posted by PLAGAREC at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブイベント

2012年06月09日

勘違い系CDJ in MOGRA

 遅ればせながら昨年から行き始めた、音ゲー楽曲をクラブで楽しむイベント「勘違い系CDJ」(以下、KCDJ)。
 今回はいつもの中野Heavysick Zeroではなく、秋葉原のMOGRA。
 MOGRAはオープン間もない頃に行って以来なんだよな…自分のヒキコモリっぷりに呆れる。

 俺がKCDJに行くのは今回で5回目。雰囲気や内容にも慣れて、あとは飽きが来なければ…なんて思っていたら、1曲目が坂本冬美(もちろんガチの演歌)だったので、マンネリの心配はなさそうだ。
 でも、ラスト2時間の「ボスラッシュ」は伝統芸能だと思うので、今のままでOKです。最初の「冥→天ヒー」という流れがかなりツボなので。あと電人プロレスとか将棋とか。

 個人的に、今回のMVPは「秋葉原」というテーマで披露してくれた908氏だと思う。ジンギスカンに名状しがたいアニメのOP曲をマッシュアップするのは反則だと思う。(笑)

 あと、MOGRA開催ということで初めてKCDJに来る人が多いということを見越してか、主催の与作氏が「普通のクラブイベントってこんなんじゃないからね」「KCDJはクラブ活動だから」って念を押していたのが印象深い。これを機に、MOGRAなどの色んなクラブイベントに通ってみるのもいいんじゃないかな。俺にも言えることだが。(汗)

 帰宅してから足がクタクタになってるけれど、今回も楽しかった!
posted by PLAGAREC at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブイベント

2011年09月19日

秋葉原のクラブイベント「Aki-Bug」に行ってきた

http://aki-bug.com/

 「秋葉原歴は小学生の頃から数えて25年にもなるのに、アキバのクラブシーンはほとんど未開拓(=MOGRAにちょっと行った程度)ってダメじゃん!」という動機で、俺が楽しめるのかな?と思いつつもとにかく行かなきゃ始まらねーだろ俺!ということで行ってきた。

 会場は中央通り沿い、AKIBA PLACEの5階にある「BAGUS」。ダーツとビリヤードの店だが、ここを貸し切って一夜限りのクラブ空間にしてしまおう!という、なんとも粋なイベントだ。

 ダーツボードがずらっと並ぶ広間をダンスホールにして、防音シートで東西に分けてそれぞれにDJ&VJブース。ビリヤード台はテーブルとなり、飲み食いや談笑の空間に。

 仕事柄、DJブース上の機材が気になったので、判別できたものだけざっと列挙してみた。完全に私的メモ。

(EAST) CDJ-400, DJM-3000, Audio8DJ, TRAKTOR kontrol X1, DDJ-S1, octatrack, etc...
(WEST) DVJ-1000, DJM-800?(遠くて900か800か判別できず), ELECTRIBE, KAOSSPAD, KAOSSILATOR PRO, etc...

 出演DJ&VJの詳細は上のリンクで見てもらうとして、「秋葉原の音」に違わぬ充実した内容だった!

◎秋葉原らしくアニメ・ゲームのネタが多めだけど、基本的には何でもあり。
◎でも演歌は予想できなかった。
◎レトロゲームミュージックとELECTRIBE2台+KAOSSPADによるマッシュアップ
◎蛍光灯による光と音の融合。
◎ティロ・フィナーレに感動。
◎DJブースが2つあるので、身体が2つ欲しくて仕方がなかった。まあ、それもAki-Bugの楽しみのうちなのだろう。
◎Twitterを始めてから謎の存在だったぅぃにゃんが実在する人物であることを確認(笑)。ぅぃにゃんのVJはネタ画像満載だった!
◎最後は「ウルトラソウル」で締め!

 (次回があれば)また行けるといいな!
posted by PLAGAREC at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブイベント

2011年04月10日

勘違い系CDJに行ってきた。

 4月9日、東京・中野にあるクラブ「heavysick ZERO」にて開催されたクラブイベント「勘違い系CDJ 53rd」に行ってきた。

 内容はというと…

◎かかる楽曲はほとんど全てBEMANIを中心とする音楽ゲームのもの。DJ MAXやDJ HEROもあり。(たまに音楽ゲームと関係ない曲がネタ的に出てくることもあるがw)

◎しかし、このイベントにはDJが居ない。DJブース内にいる方々がやっているのは、あらかじめ自宅で音ゲーの曲をつなぎ合わせた音源を作成し、それをブースにおかれているCDJ(DJ用CDプレイヤー)で再生するだけ。そうすることで、彼らはその場で楽曲をつなげているわけじゃないのにDJをやっている気分になっている。まさにDJを勘違いしている、ってわけだ。

◎2003年にオフ会の延長みたいな感じで始まり、東京と大阪で年5〜6回のペースで開催されている。

 本当は1月に行きたかったのだが休日出勤で断念したため、今回が初参加となりました。

 以下、文章にするのが面倒なので箇条書きっぽく。

◎俺がこれに行った理由はただ一つ。5鍵盤ビートマニアの頃から親しんでいるBEMANIの楽曲を、クラブの音響システムを通じて全身で感じることができる、ということを期待していたから。そして、その期待は大当たりだった。

◎主な登場ゲームは、DDR、DJ HERO(その場でプレイ)、DJ MAX、pop’n、jubeat、beatmania。

◎普段の日常生活では物静かな人間をやっている俺だけど、この日はハジけた。普段の俺を知っている人達からすれば、この日の俺のハジけっぷりには目を疑うと思う。楽曲に合わせて「三倍アイスクリーム!」とか「ペリーでぇす!」とかみんなで叫ぶことができるのは実に爽快だった。

◎DJは居なかったが、VJは居た(笑)。期待通りに旬のネタ映像をたくさん流してくれていて、こちらも大満足。

◎ラスト2時間は「ボスラッシュ」の時間。歴代BEMANIのボス曲やそれに匹敵する楽曲が2時間ノンストップ。「完走できるもんならしてみやがれ!」的な熱狂がメインフロアを支配する。ほとんどの楽曲はBPM200前後。某曲ではBPM250でヘッドバンギングとか。おかげで首が痛くなった。(笑)

◎最後はみんなで肩を組んで輪を作って踊りながらフィナーレ。

 楽しすぎる7時間だった。
 余裕があれば次回の東京開催にも行くよ!
posted by PLAGAREC at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブイベント