2012年03月31日

データ通信プランの見直し・その後

 このブログに携帯データ通信プラン見直しのことを書いてからもう1ヶ月になるけれど、あれから色々考えた末、

・WiFiルータはドコモで新規に回線を作って使う。
・スマホ端末はパケホーダイフラットからダブルに落として、基本的にWiFiでの運用のみとする。

でいこうと思う。
 つまり、前回の記事で書いた「プランB」をドコモのみでやろう、ということ。

 芋場は確かに安いけれど、俺の両親が住む北海道某所では使えなさそうというのが引っかかって、安さよりもエリアの広さをとることにした。ドコモさん、安くない通信費払ってるんだから回線品質向上をしっかりお願いします!

 てなわけで、そのうちWiFiルータ端末を買おうと思う。
 最近出たバッファロー製のXi対応ルータ「BF-01D」の評判が良ければそれでいこうかなと。
posted by PLAGAREC at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルもの

2012年03月04日

携帯データ通信プランの見直し

 今月末で初代Xperiaの2年縛りが終了。今年7月でE-mobileの2ndSIMMが丁度2年(安く解約できるチャンス)。ということで、この機会に見直しをしてみた。

現在使用中の携帯通信ガジェット
・Docomo Xperia(初代)
  タイプSSバリュー + パケホーダイフラット (\7,275) 
・E-mobile PocketWifi
 ※E-mobileのSIMMカードは2枚保有。1stSIMMのみを使用。2ndSIMMは完全放置。
1st SIMM : プリペイド (チャージ式。1日使い放題で630円。1週間使い放題で2200円)
2nd SIMM : スーパーライトデータプラン (\443)

 料金合計:\7718 + (PocketWifi使用日数)× \630

 
 今の自分の使い方と今の通信サービスの状況を踏まえて、以下の2つのプランを考えてみた。
 いずれの場合も、E-mobileの1stSIMM(プリペイド)は継続しないということで。 


プランA : テザリング対応スマートフォンに一本化

予想料金 : およそ\9,480
 タイプSSバリュー+パケホーダイフラット
 PocketWifiの使用が月3日以上になるならこっちがお得?

メリット  :
  携帯する端末の数が減る。
デメリット :
  ドコモの回線トラブルによる不通は死を意味する。


プランB : E-mobileのLTE対応PocketWifi(ちょうど今月発売!)に変更して、スマートフォンは極力Wifiで利用

予想料金 : およそ\5,585〜\11,180
 タイプSSバリュー + パケホーダイダブル(最小\2,205)
 LTEフラット(にねん+アシスト1600)(\3,380)

メリット :
 一方が不通になってももう一方が生きていればOK。
 LTE対応エリアなら高速。
デメリット :
 ドコモのSIMMが刺さったXperiaを常時WiFiで運用って無理があるんじゃね?
 パケホーダイダブルが上限になったら意味ないよ。
 WiFi端末のバッテリー持続時間に左右される。バッテリ増設が必須?


 デメリットに書いた懸念がクリアになれば、奮発してプランBでいきたいなと思うんだけど、どうしましょうかね…
posted by PLAGAREC at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルもの